安いエアコンでもクリーニングで寿命長持ち!おすすめの商品と人気ランキング

自宅やオフィスにおすすめのエアコンとは

一年を通して主に夏と冬に欠かせないのがエアコンではないでしょうか。暖房やクーラーなど日々の生活を快適で豊かにしてくれるホーム家電ではありますが、購入時、またはメンテナンスなど、何が大切なポイントになるのかなど素人にとっては分かっているつもりでも分からないものです。

エアコンの豆知識や選び方など、実際に販売しているサイトの専門的なコメントやアドバイスをもとに、自分にあったエアコンを環境や場所に応じて検討してみましょう。

もくじ

エアコン選びのコツはお部屋の広さ?それともメーカー?

エアコンの設置を検討するとき一番に考えてしまうのは「いくらくらいするのかな?」「高いかな~」など、基準となる部分が分からないまま金額だけ気になってしまうでしょう。そこでまずはお部屋の広さがどのくらいかを知っておきましょう。エアコンのお値段と性能はお部屋の広さがポイントとなります。その次に性能・メーカーとなります。

なぜお部屋の広さでエアコンの価格や性能が変わるのか、それはエアコンにも馬力があり、広いお部屋と狭いお部屋ではその性能も全く違ってくる点があります。この選び方を間違えるとエアコンの利きが悪くるなるだけではなく、稼働効率が悪くなり電気代も跳ね上がってしまう結果となってしまうのです。

部屋のタイプによって変わるエアコン(クーラー)のタイプ

設置場所にはご家庭以外におオフィスや施設など様々です。今回はご家庭での設置を例に挙げてみましょう。まず、リビングや和室などは、家族団らんで滞在時間も長いことが考えられます。また、お部屋が広い場合には省エネ性能の高い機種を選ぶことで電気代を大きく減らす効果も期待できます。

では、その他にどんなお部屋があるのでしょうか。寝室や洗面脱衣所などを想像される方も少なくないでしょうが、意外にも台所(キッチン)に設置する場合がもっとも気を遣う必要があるのです。理由としては、ガスコンロや換気扇の使用により、温度が乱高下することからもお部屋の温度を一定に保つのが難しいからです。真冬であれば料理中でも換気扇をきることはできず、台所(キッチン)だけが極端に冷え込んでしまいます。そのため本来のお部屋の広さにプラス4畳程度で検討することが良いでしょう。

省エネ性能の見方と選び方のポイント

光熱費の比率から言っても家計に直結する電気代を気にする方は多いのではないでしょうか。「エアコンの電気代は高い」と思う人の多くは「省エネ」タイプの機種を選択、または検討の際に重視することが多いようです。

省エネ性能の高さは星の数で決まる

初心者にとってもっとも分かりやすいのが星(★)の数となり。「目標基準値」と言われる各区分ごとに設定されている項目があります。大きく分けて「室内機の形態」「冷房能力」「室内機の寸法」などがあり、この省エネ基準の達成率が高くなるほど性能が優れていると言われています。今回の場合、誰が見ても分かるよう星(★)で表現した表となります。

省エネ評価 省エネ基準達成率
★★★★★(5つ星) 121%以上
★★★★(4つ星) 114%~121%未満
★★★(3つ星) 107%~114%未満
★★(2つ星) 100%~107%未満
★(1つ星) ~100%未満

エアコン(クーラー)を購入する前に確認しておきたいこと

エアコンを設置するためには室内機と室外機の設置スペースがあるかどうかが絶対条件となります。購入後に設置できなかった・・・。なんてことのないよう事前にチェックしておきたいものです。






%d人のブロガーが「いいね」をつけました。