土地と建物の損をしないための豆知識

民法で規定する「不動産」土地や物件など、その購入や運用には専門的な知識や資金が必要な場合があります。資産や財産としての価値も高く、その時々の時価により価値が高下するのも不動産の特徴です。土地または土地に定着している物を「不動産」と言い、それ以外は「動産」に分類される。このように専門知識を用いた運用や売買を支えてくれる不動産会社を選ぶことは、人生のパートナー選びといっても過言ではないくらいに信頼のおける業者を選ぶことが大切です。


スーモのアンケートに答えるだけで5,000円分のギフト券がもらえる!



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。